駅長のひとらしゃべり

駅長のひとらしゃべりオリジナル帽子 5月30日(月)号
「この家無料。誰かもらって・・・」

さて、今日はとんでもない方向へ視点を変えて一喋りしょうかなも。
過疎‼オラの同級生125人。
子供の同級生30人。孫の同級生片手に欠ける。
大体60年の歳月が分かるろて。
問い合わせが来るんし。
「解体はどのくらい・・・。」と。
中にはもったいなくて、そのまんま家になるケースもあるがんだんし。
他にももったいない家が何軒かあるんだんが、解体費用を考えれば「この家無料。誰かもらって欲しい。」
豪雪地だども、雪の世話はオラが任るんだんが、別荘の欲しい衆は下見に来らっしゃれ。
案内しゅうからそー。
魚沼市には360軒も空き家があるとんし。

では又のんし。             駅長  貞一


駅長のひとらしゃべり

駅長のひとらしゃべりオリジナル帽子 5月29日(日)号
「目黒のさんま?」

イオンさん、キンナの10時到着。
村内一巡り案内。
上ノ原で「ここは標高350mくらい・・・。夜の寒暖差が大きい。つまり夜明け前の朝露が食味、整粒・・・。」と、もっともらしい解説をしながらPM2:00に鏡ヶ池で食事。
「頭が一番おいしいんですよ‼」
「ほんとだ、柔らかーい、ウーンうまい‼」
遅い昼食の先付『岩魚の押し鮨』を食べたイオンの4人さんが、口を揃えて喜んでくいたんし。
「美味?珍味?オンリーワンでしょ‼」
雪国冬場の伝統郷土料理が、東京の衆の口にあって良かったのんし。
だーども、2:00ってことは目黒のサンマと、どっちがうんまいがったろのんし。

では又。                駅長  貞一


駅長のひとらしゃべり

駅長のひとらしゃべりオリジナル帽子 5月28日(土)号
「家庭訪問・・・つまり、チェック」

キンナは森林組合の理事会。
「中国への買い付けに年3回。為替変動の中交渉は大変だが、昨年より安く買い付けた。 異物混入問題も是正され、日本より衛生的な面も有る・・・。」
事業報告を聞きながら、担当者の力量に拍手と同時に中国の昔、今、未来に思いを巡らす時、やっぱりパートナーになれるかどうか?
お互い様の絆が結ばれるかどうか?だと思ったのんし。

さて、今日はイオンリテール様御一行来所。
「Why?」手焼きせんべいの件だのんし。
我社への家庭訪問?
つまり、チェックだことんし・・・。

では又。                駅長  貞一